くせ毛 悩み解決

くせ毛の女性はロングのままの方が良いの?髪型を変えても大丈夫?

更新日:

くせ毛だとロングが無難?

 

View this post on Instagram

 

duchaさん(@ducha_hairdesign)がシェアした投稿 -

くせ毛でショートにしてしまうと、くせ毛が強く出てしまいます。そのため、ずっとロングのまま髪型を変えない女性も多いのではないでしょうか?またロングヘアにしたほうが良いのか悩んでいる女性も多いでしょう。

くせ毛でもショートが成功する例は少なくありませんが、腕の良い美容師に巡り合わない限り難しいです。さらにあなたのくせ毛の種類や状態にもよりますので、すべてのくせ毛の女性がショートで成功するわけでもありません。

ロングヘアにしておけば、ある程度のくせ毛を髪の重みでごまかすことはできます。

しかしずっと同じロングヘアだと気分を変えたくなる時もあるでしょう。今回はショートが難しいくせ毛の女性がロングヘアでどのようなアレンジが加えられるかまとめてみました。くせ毛でもロングヘアについて詳しく知ることで、自分の手でくせ毛をある程度抑えるヘアケアができます。一口にロングヘアと言っても、様々な種類がありますので、くせ毛でも気にせず新しい髪型を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

くせ毛のロングヘアのメリット・デメリット

くせ毛でも楽しめるロングヘアと言えば様々ですが、まずはくせ毛のロングヘアのメリットとデメリットを説明します。くせ毛のメリットを活かしたロングヘアを楽しむのはもちろん、デメリットを前もって知っておくことであなたに合ったヘアケアの方法が見えてくるのは事実です。くせ毛について知ることで、日々気をつけなければいけないことが見えてきます。

くせ毛でこれ以上悩むことがないように、まずはメリットとデメリットについて知っておきましょう。

 

ロングヘアのメリット

髪を結べばごまかせる

 

View this post on Instagram

 

Yen-Cheng Changさん(@emilyyume)がシェアした投稿 -

くせ毛のロングヘアのメリットと言えば、髪を結べばごまかせる点にあります。ショートだと髪を結ぶことができませんので、湿気の多い雨の日などはセットがとても大変です。

雨の日のセットに困りたくないという方はロングヘアにしてみることをおすすめします。

最近は女性も仕事が忙しいので、なかなか髪をセットする時間も作れません。ショートのくせ毛はそれはそれで魅力的ですが、毎日のセットも大変になります。なかなかおしゃれに時間が取れない方はロングヘアにして休日だけおしゃれを楽しむという方法も良いでしょう。

 

くせ毛の種類によってはパーマのように見える

 

View this post on Instagram

 

山崎穂乃香さん(@fit__honoka)がシェアした投稿 -

くせ毛には4つの種類があり、人によっても様々ですが、あなたのくせ毛によってはロングヘアにすると、ちょうどゆるふわパーマのように見えるメリットがあります。

これまでくせ毛で悩まされてきた人は一度、ロングヘアに挑戦してみると良いのではないでしょうか?

人によりけりですが、ショートでくせ毛が強い女性はロングにすると髪の重みで若干直毛っぽくなり、自然なパーマを演出できます。

ロングヘアはくせ毛でもおしゃれに見えやすいことがメリットの1つです。

 

髪の重みでくせ毛がごまかせる

先程、髪を結べばごまかせるという話をしましたが、あなたのくせ毛の程度によっては、ロングヘアにするだけでくせ毛が消えることも珍しくありません。くせ毛はくねくねした状態ですが、髪を伸ばすことで重力により、何をしなくてもピンと伸びることもあります。

くせ毛と上手く付き合っていくのが面倒な人は、ロングヘアにしてくせ毛をごまかす人も多いです。くせ毛が弱ければ、本当に直毛のように見えますので、ちょっとしたくせ毛に悩まされている人はストレートパーマや縮毛矯正をかけずに、ロングヘアにすることで悩みが解決することは珍しくありません。

 

ロングヘアのデメリット

パサパサ感が出ると一気に老けて見える

 

View this post on Instagram

 

kumi☺︎さん(@kumitiy.k)がシェアした投稿 -

ロングヘアは髪が長い分、お手入れが大変です。くせ毛が強い方だと髪の重みだけではくせ毛がごまかせない場合もあります。

遺伝だけではなく、外的な要因でくせ毛になってしまうこともあり、その場合は、毎日のヘアケアがしっかりできていない証拠です。他にも毎日の食生活や洗髪の仕方によっても、後天的にくせ毛になってしまい、パサパサ感のあるロングヘアになってしまいます。

綺麗なロングヘアは若い印象を与えて、とても美しいですが、パサパサ感が出てしまうと、一気に老けて見えがちです。

髪が長い分、トリートメントやブローなどの手入れが大変であり、怠りがちになってしまうと、ショートのくせ毛よりも汚い印象を与えてしまいます。

 

 

洗髪や乾かすのが大変

ロングヘアだと髪を洗う時や乾かす際に、時間をかけなければいけないことがデメリットです。少しでも怠ると、髪にパサパサ感が出てしまうことも珍しくありませんので、洗髪は頭皮を撫でるように洗い、髪もしっかりドライヤーで乾かすようにしましょう。

洗髪や乾かすのは大変ですが、毎日しっかり行えば、くせ毛も段々おさまります。くせ毛の人は直毛の人よりも毎日のケアを怠らないようにするのが肝心です。

 

くせ毛女性におすすめするロングヘア

カットでくせ毛を活かす

 

View this post on Instagram

 

ALICe by afloat 山岡未夢さん(@yamaoka_miyu)がシェアした投稿 -

今はくせ毛にコンプレックスのある女性でも、くせ毛を活かすことで、くせ毛女性にしか出せないロングヘアを手に入れることもできます。前髪にくせ毛がある女性は上の写真のように、前髪をふわっとさせると大人っぽい髪型になります。

くせ毛女性は直毛のきれいなストレートヘアでは出せない自然なふんわり感を出すことが可能です。

美容院で「くせ毛を活かしたカットにしたいんですけど...」といったらふんわり感のある大人っぽいヘアカタログを見せてくれるでしょう。美容師さんもあなたのくせ毛に合った髪型を紹介してくれますので、一度お願いしてみるのもおすすめです。

 

縮毛矯正でお手入れが楽

 

View this post on Instagram

 

Akitaka Mizunoさん(@akitakamizuno)がシェアした投稿 -

「ふんわり感とか日に日に崩れていきそうで不安」という方や日頃の手入れに自身がない方は、手っ取り早く縮毛矯正で綺麗なストレートにするのも良いでしょう。

またいつでもストレート状態なので、くるくるしたくせ毛に悩まされてしまうことはありません。多少お金はかかりますが、日々の悩みを解消する分にはとても良い方法です。

ストレートヘアはピシッとなっていますが、飽きたらコテを当ててカールさせることもできます。「せっかく縮毛矯正をかけたのにコテを当てると縮毛矯正が取れてしまう」なんてこともありません。

しかし縮毛矯正は髪の毛に馴染むまでに1週間から10日ほどかかると言われています。そのため縮毛矯正をかけた直後にコテを入れるのは控えましょう。余裕を取って2週間後ぐらいに挑戦してみましょう。

 

縮毛矯正後はデジタルパーマもあり

 

View this post on Instagram

 

koudaiさん(@koudai0823)がシェアした投稿 -

強いくせ毛だとストレートヘアだけでなく、世間で見る可愛いパーマにも挑戦したい気持ちがあると思います。

ただ縮毛矯正後はパーマが当たりにくいため、パーマを掛けてもすぐに取れてしまいます。

くせ毛が強すぎるとなかなか思うようなパーマをかけれずに諦めている人も多いですが、実はくせ毛でもモデルのような綺麗なパーマを作ることができます。

パーマの中にはデジタルパーマと呼ばれるものがあり、縮毛矯正後でもある程度のパーマをかけることが可能です。緩めのウェーブくらいのパーマがかったヘアスタイルにすることはできます。縮毛矯正もかけてデジタルパーマもかけるとなるとそれなりの値段がしてしまいますが、一度くらいは挑戦してみてもよいかもしれません。

ただここで注意しておきたいのは、縮毛矯正後すぐにデジタルパーマをかけるとかなり髪が傷んでしまいます。前述しましたが、縮毛矯正後はまだ髪に馴染んでいません。アイロンなどであれば1週間後でも大丈夫ですが、デジタルパーマは刺激が強いので、3ヶ月ほどは開けたほうが良いです。3ヶ月はまっすぐなストレートヘアを楽しんで、その後に緩やかなウェーブに挑戦してみると、長い期間新しいヘアスタイルを楽しめます。

ただし縮毛矯正後のデジタルパーマはそれだけ薬品を使いますので、髪が痛むことは避けられません。きれいな状態を維持するには毎日のトリートメントなどをしっかり行い、ヘアケアを怠らないようにしましょう。ダメージケアをどれだけするかで髪の痛み具合は変わってきます。パサパサした髪になってしまわないように気をつけましょう。

 

パサパサ感を解消するために毎日のお手入れを忘れずに

せっかく綺麗なロングヘアを作っても、毎日のお手入れをしっかりしないとくせ毛だけではなく、パサパサ感が出て思わず切ってしまいたくなるような傷んだ髪になってしまいます。

トリートメントを毎日することは必須とも言えるでしょう。他にも濡れた髪はしっかりドライヤーで乾かしてあげるとなお良いです。

他にもバランスの取れた食生活や十分な睡眠もヘアケアには効果的ですので、気をつけてみると良いでしょう。

「毎日のトリートメント」「お風呂上がりは髪を乾かす」「バランスの取れた食生活」「充分な睡眠」

この4つのポイントが守れるだけでも、あなたの綺麗になった髪を守ることができます。せっかくくせ毛の悩みを解消しても、それからの毎日を怠ると、次期に元に戻ってしまいますので、面倒でもしっかり気をつけていきましょう。

 

くせ毛の種類は人によって違うため、断られることもある?

くせ毛の種類は人によって大きく違います。一言でくせ毛と言っても様々なタイプがありますので、中には縮毛矯正をかけれないくせ毛もあるのは事実です。あなたがどんなくせ毛かで作りやすいヘアスタイルも変わってきます。

くせ毛の種類が違えば、それに適したヘアケアの方法も違いますので、まずはあなたのくせ毛の種類についてしっかり把握し、あなたにあったヘアケアの方法を抑えておきましょう。
関連記事:あなたのくせ毛の種類は?くせ毛の種類を見分ける方法

 

美容師に相談するのが一番

 

View this post on Instagram

 

加古広志《hair salon caco.》さん(@hiroshikako)がシェアした投稿 -

今回はくせ毛女性のロングヘアについてまとめてみました。くせ毛でも様々なタイプのロングヘアがあります。

くせ毛の女性は、髪に悩まされることが多いです。今回は一般的なくせ毛対策についてまとめてみましたが、正直な所、くせ毛は種類や程度も人それぞれですので、その人に合ったくせ毛のヘアスタイルが必ずあります。

ただそれを自分で知るのはとても難しいことです。くせ毛のカットはプロの美容師でも難しいため、あなたも美容院でカットしてもらって失敗した経験もあるのではないでしょうか?

美容師によってはくせ毛カットが苦手な人もいますので、その美容師にカットを頼んでしまうと失敗してしまうことも珍しくありません。

しかし美容院の中にはくせ毛カットが得意な美容師がいるところもあります。ホットペッパービューティーなどで「くせ毛」と調べれば、くせ毛カットが得意な美容師さんがいる美容院が表示されますので、その中から選んで行ってみることをおすすめします。

くせ毛に強いプロの美容師さんなら、あなたのくせ毛に合ったヘアスタイルはもちろん、ヘアケアの仕方や簡単なセットの仕方も聞けば教えてくれるはずです。

くせ毛で悩んでいる人が多いことから分かるように、くせ毛を直す完璧な方法はありません。しかしくせ毛が直せないわけではないのです。くせ毛は人によって様々ですので、人の数ほどヘアケアの仕方は変わります。それを知るためにはインターネットの情報ではなく、美容師に聞くのが一番です。

まずはくせ毛カットに強い美容院を探して試しに行ってみましょう。難しいくせ毛カットをできる美容師は本当に実力のある美容師です。気になることがあれば、聞いてみてください。あなたのくせ毛に合った様々なノウハウを教えてくれるはずです。

-くせ毛, 悩み解決

Copyright© Popro[ポップロ] 髪の悩みを解決するメディア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.