くせ毛 悩み解決

くせ毛は直せる?もみあげがくせ毛になる理由と改善する方法

更新日:

くせ毛なもみあげをどうにかしたい

 

View this post on Instagram

 

さかしたゆりえさん(@watashi_kitta)がシェアした投稿 -

くせ毛だともみあげまでがクルンとなってしまい、どうにかしたいと悩んでいるくせ毛の人は多いです。特に短髪だともみあげが目立ってしまって、コンプレックスになってしまいます。

女性は髪を伸ばせばなんとかごまかせますが、男性はどうにもならないと諦めたくなる人も多いのではないでしょうか?

クルンと前を向いてしまう人もいれば、もみあげが長くなるともっさり横に広がってしまう人もいます。

今回はもみあげのくせ毛をどうにかしたい人向けに、くせ毛もみあげの改善方法をまとめてみました。

もみあげがくせ毛になってしまうのには理由がありますし、そこを改善すれば直る人もいます。また直すのは無理なくせの強さでも工夫次第でくせはおさまることもあるのです。

そんなに難しいことでもありませんので、コンプレックスになりがちなもみあげを簡単な努力で改善させていきましょう。

 

もみあげがくせ毛になる理由

まずはもみあげがくせ気になってしまう理由について知っておきましょう。人によってもみあげがくせ毛になってしまう理由は違います。

特に後天的にくせ毛になってしまった人は原因を知るだけで改善できてしまうこともありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

遺伝やホルモンバランス

もみあげがくせ毛になってしまう人に多い理由は遺伝ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

特に昔からずっとくせ毛だった人は、もう遺伝の可能性が高いため、完全に直毛にすることは難しいです。遺伝の場合は頭皮の毛穴が歪んでしまっている人が多いため、生え始めた頃からすでにくせ毛になってしまっています。

ただこのくせ毛にも程度がありますので、もしかしたらあなたのくせの強さは遺伝だけではないかもしれません。遺伝+ダメージで本来の髪の毛よりくせ毛が強くなってしまっている場合もありますので、まずは諦めずにくせ毛ケアに努めてみることをおすすめします。

また遺伝の他にもホルモンバランスの乱れにより、くせが強く出てしまうことがあるのも事実です。

 

特にホルモンバランスは思春期に崩れやすいと言われています。人間はそれぞれ男女ともども、男性ホルモンと女性ホルモンを持っていますが、このバランスが崩れることでくせ毛になってしまう人も多いです。

またストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが変異し、くせ毛になってしまったり、くせ毛が悪化してしまったりすることもあります。

他にも女性は思春期だけでなく、出産時にもホルモンバランスの乱れでもみあげがくせ毛になってしまうことも多いです。

思春期や出産時はくせ毛になってしまっても致し方ないところがありますが、ストレスや生活習慣は日々の生活の仕方でコントロールすることができます。

くせ毛のことも考慮して余裕のある生活を送るように気をつけましょう。

 

頭皮の洗髪が原因?

View this post on Instagram

やまゆ Yam Yuさん(@yamyu._)がシェアした投稿 -

実は洗髪の仕方によって、髪にダメージを与えてしまっているケースがあります。

くせ毛になる1つの原因は毛穴に皮脂などの汚れが溜まっていることです。毛穴に皮脂や角質が溜まってしまうことで、髪の毛への栄養補給を妨げてしまうと、髪の毛に充分な栄養が行き渡らず、くせ毛が強くなってしまいます。

洗うのは髪ではなく頭皮ですので、頭皮を洗うことをイメージしてシャンプーをしましょう。

もみあげらへんを洗うのを忘れてしまってはいないか、次にシャンプーをする時に意識してみてください。

またシャンプーをする前に予洗いをすることも効果的です。シャンプーを付ける前にお湯だけで髪を洗うことで、ある程度の汚れを落とすことができます。その後にシャンプーで仕上げることで、シャンプーを使う時間を短くし、髪の毛が痛むことを防ぐことが可能です。

 

メガネをかける

 

View this post on Instagram

 

ヲルタナティヴさん(@woltanative)がシェアした投稿 -

実はもみあげだけがくせ毛になってしまう理由の1つにメガネが挙げられます。

メガネを長時間かけていたことでもみあげあたりがデコボコしたあとがつく経験をしている人も多いのではないでしょうか?

メガネでもみあげを圧迫することにより、もみあげの髪にダメージを与えているのはもちろん、髪の毛への栄養が行き渡らないこともあります。

特に最近はフレームが太くて固い眼鏡をしている人も多く、もみあげに悪影響を与えている人も少なくありません。

もみあげのくせが気になる人はフレームを細いものに変えたり、柔らかいシリコンベースのものに変えたりすることで、改善を図ることができます。

できればメガネが必要のない時は極力外してあげることも良いでしょう。スマホをいじる時はメガネを外しても問題ないはずです。メガネがいらない場面というのは意外と探せばありますので、機会を見て、メガネ離れした時間を作ってあげると良いでしょう。

 

もみあげのくせ毛を改善させる方法

もみあげのくせ毛は一度くせがついてしまうと、くせ毛になった原因を改善しても、生え変わりでもしない限り、くせがついたままになります。

もみあげのくせ毛のケアは一朝一夕では直りません。

そこで、今回はすぐにできるくせ毛を改善させる方法をまとめてみました。

 

ドライヤーやアイロンでセットする

 

View this post on Instagram

 

ふみかさん(@fuu.s23)がシェアした投稿 -

くせ毛を改善させるにはドライヤーやヘアアイロンなどの熱で形を整える方法もあります。

熱のあたえすぎは髪にダメージを与えてしまうこともありますので、極力髪にダメージを与えないように熱を加えることが大切です。

髪にダメージを与えないアイロンの使い方は関連記事の方を参考にしてみてください。
関連記事:くせ毛をまっすぐで綺麗なストレートに変えるアイロンの使い方

手ぐしでもみあげを引っ張りながらドライヤーの熱を加えるだけでも、くせ毛の応急処置は可能です。

朝が忙しくてくせ毛のケアに時間がかけられない人は無理やり熱で応急処置をしても良いでしょう。ただ熱の与え過ぎで髪が傷んでしまうと、毎日のヘアケアの効果が薄れてしまうので気をつけてください。

 

もみあげを短くする

 

View this post on Instagram

 

松田美緒さん(@miomatsuda)がシェアした投稿 -

くせ毛が気になってしまう人はもみあげを短くするカットに挑戦して見ても良いと思います。

最近はメンズカットを中心にもみあげを短くするカットも流行っており、不自然なことはありません。

もみあげを刈り上げてしまうツーブロックは髪質に左右されること無く誰でも作れる髪型ですのでおすすめです。

グーグルで画像検索をすればもみあげが短くても、様になっている髪型はたくさんありますので、お気に入りの髪型を見つけて美容院に持っていってみてはいかがでしょうか?

もみあげが短くなってしまえば、くせ毛が収まる人も多いです。

 

もみあげのいらない髪型にする

 

View this post on Instagram

 

Ayumi Arakiさん(@ayu93s630)がシェアした投稿 -

「もみあげを短くしてもくせ毛が残るほどくせが強い...」と言う方は、もみあげを一気に刈り上げても良いでしょう。

最近は隠れツーブロックと言って、もみあげを完全に刈り上げてしまい、その上にサイドの髪をかぶせている人も多いです。

くせのあるもみあげがなくなることで、膨らみがちなサイドもすっきりするので、気持的にも良いですし、見た目的にもすっきりしますのでおすすめします。

もみあげがなくなってしまえば、くせ毛もみあげに悩む必要もなくなりますので、ケアも必要ありません。

 

美容院で縮毛矯正する

 

View this post on Instagram

 

Akitaka Mizunoさん(@akitakamizuno)がシェアした投稿 -

どうしてももみあげを残したいという人は美容院に行って縮毛矯正をかけることが一番早いです。

髪の毛全体の縮毛矯正は高いですが、前髪だけの部分縮毛矯正なら、まだお手軽な値段で縮毛矯正をかけれますので、美容院に値段を聞いてから考えてみても良いかもしれません。

縮毛矯正をかければ、新しい髪の毛が伸びてくるまでは、よっぽどのことがない限りくせ毛が復活することはないです。

さらに縮毛矯正を掛けた部分が残っていれば、毛先が直毛になっているため、根本がくせ毛でも自然な形で直毛に見えます。

また縮毛矯正は美容院によってはダメージが酷いところもありますので、美容院選びはしっかりしたほうが良いです。少し値段をケチったがためにチリチリしたストレートになってしまうこともよくあります。

もみあげを綺麗なストレートにしたいのであれば、信頼のある美容院や人づてに聞いた評判をもとに美容院を選びましょう

縮毛矯正をかける美容院を変えたら、髪の質が良くなったという話はよく聞く話です。

 

市販の縮毛矯正は効果が薄い

縮毛矯正は値段がそれなりに張るため、どうにか市販の物を購入して家でやろうとする人も少なくありません。

ただ市販の縮毛矯正はあまりおすすめできないです。

まず美容院ほど効果が出ないというのもあるのですが、失敗するとボロボロの悲惨な髪に仕上がることもあります。

前述しましたが、美容院選びを間違えるだけで痛みの酷い髪になってしまうのに、自分でやるというのはそれなりのリスクがついてしまうことは避けられません。

また友人が上手くいったとしても、髪質によって縮毛矯正の薬剤に合う合わないがありますので、あなたが必ずしもうまくいくとは限りません。

どうしても市販のもので安く済ませたいという人は、取扱説明書をよく読んで、しっかり時間や用法を守って取り扱うようにしましょう。

規定の時間より長く薬剤をつけたほうが効果はあるという言葉を聞くことがあるかもしれませんが、それが原因でボロボロになってしまうこともあります。

しっかりした美容院ならあなたの髪質に合わせて薬剤の強さを選んでくれますので、初めて縮毛矯正をやるのであれば、美容院でしてもらうほうが良いでしょう。

 

まとめ

 

View this post on Instagram

 

横顔美人ショート_ ムラタショウリさん(@shorimtg)がシェアした投稿 -

今回はくせ毛もみあげを改善させる方法についてまとめてみました。

もみあげぐらいでしたらもみあげを刈り上げるカットも多いので、満足の行くヘアスタイルも見つかるのではないでしょうか?

くせ毛はもみあげにかかわらず、毎日のヘアケアや生活習慣を改善させることでくせの強さも解消されていきます。

もみあげのくせ毛が気になる方は、毎日の生活を変えてみることから始めてみてください。

また美容院にいって美容師に相談することも良いでしょう。

良い美容院の美容師はあなたの髪の質を見て、あなたに合ったアドバイスをしてくれますので、身近であなたのもみあげくせ毛を効果的に改善させてくれる人は美容師と言っても過言ではありません。

今は今回紹介した改善の仕方を続けてても良いと思いますが、今度カットに行った時に気軽に聞いてみることをおすすめします。

-くせ毛, 悩み解決

Copyright© Popro[ポップロ] 髪の悩みを解決するメディア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.