くせ毛 悩み解決

あなたのくせ毛の種類は?くせ毛の種類を見分ける方法

更新日:

くせ毛に悩まされている人は男女構わず多いです。綺麗なストレートにしたい人もいれば、くせ毛を活かした髪型にしたい人もいます。

しかしあなたのくせ毛を理想のスタイルに持っていくためには「自分のくせ毛の種類」を見極め、その種類のくせ毛にあったヘアケアをしていかなければいけません。

今回はあなたのくせ毛がどんな種類のもので、あなたの種類のくせ毛に合ったケアの仕方を紹介します。くせ毛の見極め方もご紹介しますので、まずは自分のくせ毛と向き合ってから対処法を考えていきましょう。

 

くせ毛は大きく分けると4種類

くせ毛は4種類に分けられます。そのうち、日本人に多いのが「波状毛」「捻転毛」「縮毛」の3種類です。まずは4種類のくせ毛の種類について簡単に説明していきます。

 

波状毛

 

View this post on Instagram

 

Ayako Hirakiさん(@meganehiraki)がシェアした投稿 -

波状毛は「ハジョウモウ」と読み、日本人の中でも最も多いタイプのくせ毛と言われています。波状毛はその名の通り、髪が波上にうねっているくせ毛のことです。前髪や襟足などの部分的なところが波状毛の人もいれば、髪の毛全体が波状毛の人もいます。

波状毛はくせの強弱もあるため、くせが弱い波状毛の人はストレートに見えることが多く、気づかない人も多いです。

 

捻転毛

 

View this post on Instagram

 

美容室瞳工房さん(@biyoushitutoukoubou)がシェアした投稿 -

捻転毛は「ネンテンモウ」と読みます。捻転毛の人は日本人にはあまり見かけないタイプのくせ毛です。

捻という字が使われているように髪がねじられているように見えます。波状毛のようにうねっているだけではなく、ねじられているため、一般的に波状毛より酷いくせ毛に見られがちです。

捻転毛は髪に太い部分と細い部分があり、切れ毛になりやすいくせ毛と言われています。

波状毛と捻転毛はどちらもぱっと見で見分けるのは難しいため、分からない場合は美容師さんに聞いてみると良いでしょう。

 

縮毛

 

View this post on Instagram

 

ronets_shigeさん(@ronets_shige_hakodate)がシェアした投稿 -

縮毛は髪の毛がチリチリしており、毛が硬いくせ毛のことです。一般的に黒人に多いと言うと分かりやすいと思います。

縮毛はチリチリしているだけでなく、髪の毛がねじれている人も多いため、くせ毛の中ではかなり強いタイプのくせ毛です。髪の毛質が硬いだけではなく、波状毛のようにうねりがあったり、捻転毛のようにねじれていることも多いため、縮毛の方は特に悩みが深いと思います。

 

連球毛

連球毛は縮毛よりも厄介なくせ毛と言えるほど、対処が難しいくせ毛です。連球毛は「珠が連なっている毛」と書いてあるように、髪の表面がデコボコしているという特徴があります。

さらに連球毛は捻転毛と同じで髪の太さにばらつきがあるのも特徴です。

波状毛や捻転毛、縮毛の方はストレートパーマや縮毛矯正で直毛に帰ることが出来るのですが、連球毛の方は美容室でも縮毛矯正を断られることが多い傾向にあります。これが対処の難しいくせ毛であると言った理由からです。

連球毛は髪の表面がデコボコしているため、縮毛矯正の薬剤が毛の中まで染み込みません。さらに髪の太さにばらつきがあるため、細い毛が薬剤に負けて切れてしまいます。

この2つの理由から美容室に縮毛矯正を断られてしまうことも少なくありませんし、腕の悪い美容室で縮毛矯正をしてしまった場合、新たな髪トラブルに巻き込まれてしまうこともあるので注意が必要です。

 

あなたのくせ毛の種類を見分ける方法は?

くせ毛をどうにかしたい、くせ毛を活かしたヘアスタイルにしたい場合は、自分のくせ毛の種類を把握して対策を練ることが重要です。

あなたのくせ毛を把握するために4種それぞれのくせ毛の特徴をまとめてみました。

 

くせ毛の種類が波状毛の人の特徴

波のようにうねる

波状毛の人は髪が波のようにうねる特徴があります。前髪がまっすぐならずに左右にカールしてしまったり、襟足が左右に別れてしまったりする人も多いです。

一言で波状毛といっても、髪のうねり方は人によって様々ですのでなかなか髪が真っ直ぐならない人は波状毛の可能性が高いです。

 

雨の日はスタイリングが崩れやすい

波状毛の人は雨の日などの湿気が多い日にスタイリングが崩れやすいのも特徴です。

波状毛の髪はキューティクルが剥がれやすい、つまり髪を守る外側が水分を遮断する機能が弱いため、髪の内部に水分が浸透し、膨張します。髪が膨張し、髪の毛が広がってしまうために、朝にスタイリングした髪が崩れてしまうのです。

波状毛の人のほとんどが雨の日にヘアスタイルが崩れてしまうことに悩んでいます。しかし逆を言うと髪の内部に水分が浸透しなければ雨の日にヘアスタイルが崩れてしまうことはありませんので、水分を遮断するキューティクルさえしっかり保護できれば悩みの解決は難しいことではありません

 

くせ毛の種類が捻転毛の人の特徴

ストレートパーマや縮毛矯正の効き目が悪い

くせ毛の種類が捻転毛の人はストレートパーマや縮毛矯正の効き目が悪い特徴があります。

周りの友達よりもストレートパーマや縮毛矯正が早く切れてしまう人は捻転毛の可能性が高いです。

捻転毛の人の髪はねじれている状態のため、ストレートパーマや縮毛矯正の薬剤が毛の中にまで中々染み込みません。

タオルで例えてみると分かりやすいです。ねじれているタオルと広げているタオルは硬さが違います。ねじれているタオルのほうが硬いのはねじれている部分の密度が高いためです。密度が高いと水が入り込む隙間がありませんので、外部から同じ量の水をかけてもなかなか浸透しません。

髪もタオルと一緒でねじれていると密度が高い状態です。外部からの薬剤が浸透しにくいので、一時的にはまっすぐになってもすぐに戻ってしまいます

 

くせ毛の種類が縮毛の人の特徴

チリチリしたパンチパーマ

縮毛の人は一番判断しやすいです。チリチリしたパンチパーマと言えば分かりやすいと思います。髪を火で燃やしたときのような髪になっている方は縮毛です。

縮毛は黒人の髪の毛に多い毛質でもあります。毛質が硬く、チリチリしていれば縮毛である可能性は高いです。

 

くせ毛の種類が連球毛の人に多い特徴

櫛が通りにくく、切れやすい

髪に櫛を通してもなかなか通らない人は連球毛の可能性があります。前述しましたが連球毛は毛質がデコボコしているため櫛が引っかかってしまうことが多いのです。

櫛を通すと髪の毛がよく切れてしまう人は連球毛を疑うと良いでしょう。

 

くせ毛の種類別におすすめなヘアケアの仕方

自分のくせ毛の種類が分かったら、後は適したヘアケアをしてあげることでくせ毛は改善します。完璧な直毛にするのは難しいかもしれませんが、くせ毛の程度を抑えることは個人でも充分に可能です。

毎日のヘアケアは大変ですが、慣れてしまえば苦に思いません。あなたのくせ毛の種類に合ったヘアケアを見つけましょう。

 

波状毛の人はキューティクル重視のトリートメント

 

View this post on Instagram

 

Ko wichiさん(@kowichi08200820)がシェアした投稿 -

波状毛の人はキューティクル重視のトリートメントを使うだけで、くせ毛の程度を抑えることができます。雨の日に髪が広がってしまったり、くせが強くなってしまったりする人はキューティクルの補充が効果的です。

特に雨の日のくせの強さが気になってしまう人はキューティクルを重視したトリートメントを使うようにしましょう。どんなトリートメントを使えばよいのか分からない方は美容師さんに聞くことをおすすめします。

一言で波状毛と言っても、人によってくせ毛の程度は様々です。くせ毛の程度によって適したトリートメントは変わりますので、あなたに最適なトリートメントを早く見つけるためには美容師さんに聞くことが一番であることは間違いありません。

 

捻転毛の人はシャンプーの仕方を改善する

頭皮をしっかり洗えていないと、頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまい、毛穴が歪んでしまいます。毛穴が歪むと毛のねじれが強くなってしまいますので、その分くせが強くなることは避けられません。

捻転毛の人は毛のねじれを弱めることで、くせが弱くなります。

シャンプーをする際は毛髪を洗うのではなく、頭皮を洗うことを意識して、指の腹でしっかり洗いましょう

捻転毛の人は頭皮のケア次第で改善することは可能です。シャンプーの仕方に加えて、頭皮に充分な栄養が行き渡るようにバランスの良い食生活や質の高い睡眠などの生活習慣を改善することで相乗効果を期待できます。

 

縮毛の人は髪を乾燥させないことが大事

縮毛の人は見て分かるように髪の水分量が極端に少なく、乾燥してチリチリになっています。そのため、まずは髪の毛の水分保持量を上げることが大切です。

日頃の生活で髪の毛に水分を与えるためには、お風呂上がりのケアの仕方が重要になってきます。お風呂上がりに髪が濡れている状態で自然乾燥するのは辞めるべきです。

お風呂上がりの髪はキューティクルが開き、剥がれやすい状態になっています。その状態でいくらトリートメントやヘアマスクを使っても、キューティクルが開いているため、せっかくの髪の栄養素がどんどん抜けていきます。栄養素だけでなく、髪の中の水分もどんどん抜けていくため、キューティクルが閉じる頃には髪内部の水分が飛んでしまい、チリチリ感が増していくのです。

ドライヤーで乾かすと、なおさら水分がなくなっていくことをイメージしてしまいますが、髪内部の水分を保持するためにはキューティクルを閉じることが最優先事項になります。お風呂から上がったらできるだけはやくドライヤーを使って乾かし、キューティクルを閉じることで髪内部の水分を閉じ込めておきましょう

 

連球毛の人は冷風でドライヤーする

前述したように連球毛は髪がデコボコしており、櫛を通すと切れやすく、外部からの刺激に弱い種類のくせ毛です。

もちろん熱にも弱い髪質ですので、熱風でドライヤーをすると他の人よりも傷みやすい傾向があります。髪を傷ませないためにも連球毛の人は、熱で水分を逃がすのではなく、風で水分を飛ばすことをイメージしてドライヤーしましょう。

冷風のドライヤーをかけながら手ぐしで髪をまっすぐしてあげると、くせも弱まります。手ぐしでまっすぐ伸ばしながらドライヤーを当てることで普段よりもストレートな髪に保つことが可能です。

 

くせ毛は種類によって効果的なケアが違う

くせ毛のケアの仕方は共通するものも多いですが、くせ毛の種類によって効果的なケアの仕方は違います。今回紹介したものはもちろんですが、他にもくせ毛の程度によってより効果的なケアの仕方も違うのは事実です。

くせ毛はなかなか改善するものではなく、毎日の天候に影響されることもあるため、ストレスも溜まります。しかし毎日根気強く、くせ毛をケアすることができれば、だんだんと改善されるのは間違いありません。

自分のくせ毛の種類をしっかり把握して、使うシャンプーやトリートメント、ケアの仕方を確立させていくことで、あなたのくせ毛に合わせた対処法を試してみてください。

 

本格的なヘアケアをするなら美容院で相談

 

View this post on Instagram

 

加古広志《hair salon caco.》さん(@hiroshikako)がシェアした投稿 -

今回くせ毛の種類やその種類にあったケアの仕方を説明しましたが、やはり一番早く、効果的にくせ毛を改善するためには美容院で相談することがおすすめです。

くせ毛は4種類に分けることができますが、波状毛だからといっても細かいところで見ると、ケアの仕方が大きく変わる場合もあります。それは捻転毛や縮毛、連球毛の人も同様です。

中には一部が波状毛で、一部が捻転毛という方もいますので、素人目線で自分のくせ毛を完璧に把握するのは簡単なことではありません。

まずはくせ毛に強い美容院を見つけて、美容師さんに相談してみましょう。美容院の中にはくせ毛に特化した美容師さんがいるところもあります。

また仮に自分のくせ毛の種類が分かったとしても、個人で出来るケアには限界があるのも事実です。腕の良い美容師さんはあなたのくせ毛の特徴から効果的なケアの仕方から、あなたにおすすめなトリートメントなどを気軽に教えてくれます。

まずは自分でケアをしてみて、何か行き詰まることがあれば美容師さんに直接相談しましょう。くせ毛は改善することが難しいのではなく、自分に合ったくせ毛の改善の仕方を知ることが難しいのです。

インターネットで情報を探すのも良いですが、私は実際にあなたの髪を見ているわけではありませんので、あなたにベストな方法を教えることはできません。実際にあなたの髪を美容院で見てもらって初めて、あなたに効果的なくせ毛の改善の仕方が分かるのです。ぜひ気兼ねなく、美容師さんに相談してみることをおすすめします。

-くせ毛, 悩み解決

Copyright© Popro[ポップロ] 髪の悩みを解決するメディア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.